インテン3開講!

前学期よりインテン3が開講されました〜

基本的にはテキストを進めて、テキストが終わったら、
韓国の映画やニュースを見たりなどもします!
インテン2を受講した人であれば、履修することができます!

ミニテストと単語テストがたくさんあるので、
もっともっと勉強したい!という方はスキルと合わせて、
インテン3も受講してください^ ^

外国語ガイダンス

9/15に三田キャンパスで行われた外国語ガイダンスに参加しました。
秋学期からまた新たなメンバーを迎えて、勉強することを楽しみにしています!!

海外研修説明会

長期休業にはSFCとソウル大学のオリジナルプログラムの海外研修が行われます。
毎学期、学期が始まり1ヶ月ほどしたタイミングでソウル大学から先生が来てくださり、研修の説明をしてくださります。
研修に対する不安は説明会で解消しましょう!!

朝鮮語海外研修

インテンシブ2まで履修すると三週間の朝鮮語海外研修に参加することができます。研修ではソウル大学での語学の授業を中心に韓国の伝統や文化などSFCの教室だけでは学べないこと学ことができます。

 

<授業の様子>
月曜から金曜の平日5日間の午前中に韓国語の授業があります。内容は様々で小テストから始まり、文法や発音、単語の勉強と多岐にわたります。また習った文法で物語を作るグループワークや韓国語プレゼンもあり非常に充実したものとなっています。

 

<課外活動>
課外授業として、韓国の伝統衣装「ハンボク」を着たり、韓国の伝統茶を作る体験などができます。

 

<その他>
午後の時間は基本的に自由です!実際街に出て韓国を生で感じることができます。ソウル大学のTAがついていてくれるので韓国語に不安を感じていても問題ありません。ロッテワールドで遊んだりサムギョプサルを食べに行ったりと楽しいことが盛りだくさんです!また時期や参加人数によっては、ホームステイや板門店を訪問することもできます。

教員紹介

<柳町功先生>
総合政策学部教授
専門分野:現代韓国論, 東アジア経営史・財閥史(韓国・日本)
担当科目:朝鮮語インテンシブ2,朝鮮語海外研修A,コーポレートガバナンス,社会統合論,日本のビジネス,韓国社会論,研究会(韓国・北朝鮮の政治・経済・社会),研究会(日本・アジアにおける企業経営),大学院プロジェクト科目(バーチャル・バリュー・リサーチ)

<高木丈也先生>
総合政策学部専任講師
専門分野:朝鮮語学、社会言語学
担当科目:朝鮮語インテンシブ1,地域統合論,韓国地域論,研究会(朝鮮の文化・社会),大学院プロジェクト科目(言語教育デザインプロジェクト)

<金泰仁先生>
総合政策学部訪問講師
専門分野:韓国語学、韓国語意味論
担当科目:朝鮮語ベーシック1,朝鮮語インテンシブ1,朝鮮語インテンシブ2,朝鮮語スキル,現代文化探究,朝鮮語コンテンツ,現代文化探究(朝鮮語圏)

<金秀美先生>
総合政策学部講師(非常勤)
担当科目:朝鮮語ベーシック1,朝鮮語ベーシック2,朝鮮語インテンシブ1,朝鮮語インテンシブ2

<富所明秀先生>
総合政策学部講師(非常勤)
担当科目:朝鮮語ベーシック1,朝鮮語ベーシック2,朝鮮語インテンシブ1,朝鮮語インテンシブ2

<中島仁先生>
総合政策学部講師(非常勤)
担当科目:朝鮮語ベーシック2,朝鮮語スキル

チューターセッション

朝鮮語研究室では新たな取り組みとしてチューターセッションを行っています。

その目的は以下の通りです。
朝鮮語を履修する人数は他の言語と比べると多いとは言えません。先生方やSAはもっと朝鮮語の履修者を増やしたいと考えており、既に朝鮮語を履修している方にもスキルアップを目指して頂き、インテンシブ2を履修後は是非とも語学研修に参加、更には朝鮮語研究室のSAになって頂きたいと考えております。そのために、語学研修に参加した経験のあるSAと直接話す機会やSAから学習上の指導を受ける機会をもうけることにより皆さんの韓国・朝鮮への関心を更に引き出し、朝鮮語学習に対する意欲を向上させることを目的としています。

ベーシック2・インテンシブ1・インテンシブ2クラスが対象で一学期を半分にわけて行われます。時期になったら研究室SAのリーダー・副リーダーよりご案内させていただきます。皆さんのご参加をお待ちしております!

朝鮮語の魅力

朝鮮語とは朝鮮半島で使われている言語のことで、慶應義塾大学では古くから朝鮮語と呼んでいます。実際には韓国・ソウルで使われている標準語を学んでいます。

韓国は日本のすぐお隣の国で、言語もとても似ています。また、K-POPや美味しい韓国料理、素敵な伝統文化など、魅力にあふれています。

朝鮮語は、日本語と文法が似ています。また、日本語と似た単語も多く、日本人にとって学びやすい言語です。

しかし、朝鮮語で使われるハングル文字を見て「暗号のようで難しそうだな」と感じている方もいると思います。でも、構造を知れば、簡単に読む事ができるようになります。ハングル文字は、ローマ字のように、子音と母音を組み合わせることで音をつくります。

朝鮮語は魅力の多い言語です。
心配せずに、ぜひ一緒に朝鮮語を学びましょう!!

朝鮮語研究室の紹介

慶應義塾大学湘南藤沢キャンパス朝鮮語研究室です。

こちらでは、SFCで行われている朝鮮語カリキュラムや朝鮮語の魅力をお伝えしていきます。

皆さんも、私たちと一緒に朝鮮語を学びましょう!!
朝鮮語研究室はΛ棟5階にあります。